福大野菜王国プロジェクト2014

〇アイコン

福岡大学野菜王国
プロジェクト2014

プロジェクト結成!!

プロジェクト結成!!

プロジェクト結成!!

自然薯王国にインターンシップすることが決まり、メンバーを募集。1年生から4年生まで揃いました。初めて、崎田さんご夫妻に会いに行った際は、ご飯を食べながら多くのコミュニケーションをとることができました!
帰り際にリーダーが電灯を壊すというハプニングを起こしても、笑って許してくださり、良いインターン先に恵まれたと感じました。

4月

現状分析

現状分析

現状分析

私たちは、自然薯王国を知るために崎田さんたちへの聞き込みや自然薯について知るためのアンケート調査を行いました。福岡大学近所のスーパーで500枚のアンケートをとったところ、若者を中心に多くの方が自然薯について知らない、食べないということが分かりました。
この問題点をなんとかするために活動していこうと目的を定めました!!

5月

老人ホームに突入

老人ホームに突入

老人ホームに突入

私たちも自然薯とろろのことを「販売する」という形で知りたいと思い、自然薯とろろを求めている人は誰かと考えたところ、高齢者の方で飲み込みが大変な方がいると気付き、高齢者が集まる老人ホームへ自然薯とろろを販売できないかと営業をし始めました。
すると、老人ホームの方も食事しか楽しみがないという方もいて、もっと食事を楽しんでほしいという思いから、協力していただけることになりました。

6月

新商品開発

新商品開発

新商品開発

5月に行ったアンケートから、若者が特に自然薯を知らないことが分かったので、若者から高齢者の方まで自然薯を知ってもらいたいと思い、毎週自然薯を使った新商品を作ることにしました。自然薯オムライスや、自然薯まんじゅう、自然薯アイスなど様々なものを作り始めました。

7月

企業対決!!

企業対決!!

企業対決!!

福岡大学831教室 800人入るという教室で、様々な社会人、学生、そして経営者の方々を呼び、21プロジェクトの中から選ばれた8プロジェクトだけが、プレゼン発表をできる企業対決に、私たち野菜王国プロジェクトも出場することができました。
結果は5位でしたが、学生が選ぶ1位と、特別審査員からの「伝統を打ち破ったで賞」をいただくことができました。このことから一層活動に力を入れることができました。

8月

自然薯農園

自然薯農園

自然薯農園

企業対決が終わり、他の人より遅めの夏休みに入った私たちは、飯塚にある自然薯農園に向かいました。今まで直接見たことのなかった自然薯の葉や、ツルを見ることができました。
自然薯農家の方とも仲良くなることができ、冬の時期になると自然薯堀りを体験させていただけることになりました。

9月

「10月6日はとろろの日!」

「10月6日はとろろの日!」

「10月6日はとろろの日!」

自然薯の認知度が低い。
私たちはその問題を解決するために「とろろの日」というものを考えました。
自然薯王国の卸先である、岩田屋にお願いしに行き、なんと売り場を一週間貸していただけることになり実際に売り子となり販売をしてきました。多くの方が試食・購入して下さり、岩田屋の方も驚くほどの売り上げを出すことができました。

10月

自然薯アイス完成

自然薯アイス完成

自然薯アイス完成

実は、新商品開発をしていた中でも自然薯アイスは面白いのではないか。
と私たちは考え、岩田屋のとろろの日で販売する気でいたのですが、学生が作ったものでは安全性が保障できないことに気付き、商品化を断念していたところ、パストラルというアイス作りの会社を見つけ、自然薯と、私たちの作っていたアイスのレシピを送ったところ、早速試作品ができ、なんと25日のめんたいワイドにも出演することが決まりました。

11月

ビジネスプラン
コンテスト

ビジネスプランコンテスト

ビジネスプランコンテスト

12月20日 企業対決と同じく21プロジェクトの中から、8プロジェクトだけが出場することができ、プロジェクトの集大成を発表できる最後の場でもあります。
私たちは出場するだけではなく、優勝するつもりで活動してきました。
必ず優勝します!!!!

12月

自然薯とろろは自然薯王国で

Copyrightc2017 自然薯王国 All Rights Reserved.

Top