カテゴリー別アーカイブ: ブログ

花談義✿

2019年5月18日

自然薯王国のママさん専務の花談義

東京のデパートの催事から一週間ぶりに帰宅し、旦那のことより、一番先にお花のことが気になって、花を切ってやったり、もみじの選定もしてやったり、アジサイにはトネリコがいっぱい乗っていて、上には葉っぱが生い茂って、アジサイがその下で可哀想に横に首を傾げていた。シモツケソウの上にはモミジがガッと茂っているので、トネリコとモミジもバッサリと切って、十分日が当たるように、花が喜ぶようにしてやった。眠たかろうが、きつかろうが私を必要としている、私に訴えている、それを見たら、どんなに疲れていようがお花のために、お花が喜ぶようにしてあげたいと思い選定した。お花が満足して咲き誇れるように、お花が好きな環境を作ってあげることが、私の仕事であり、私の喜び。

 

槇(マキ)の木は御神木

住宅兼用の自社玄関横に、幹まわり140センチの槇が立っています。

このくらい大きな槇を近辺で見ることはないので、なんとなく自慢の気持ちでいました。 最近、福岡市大濠公園の美術館が、改装を終わり開館したので行き、ついでに近接する「日本庭園」も久し振りに訪れ、静かで心地良い佇まいに気分転換ができ嬉しい思いでした 目の前で、造園師の2名が見事な枝ぶりの松の葉を選定中で、物珍しさと手つきの速さに見とれていると、自然にわが家の槇の木で会話の相手になってもらいました。中国では昔から、槇は「御神木」として扱われているので大事にしてくださいと何度も言われてビックリ

二階屋を超える高さがあり、家とのコントラストで、古い家を見映えを良くしてくれているので助かっていましたが、まさか御神木とは知らず、喜びが爆発しました

生きていると、良いことも辛いこともありますが、いつもその時に良い出会いがあり、ピンチはチャンスと乗り越えて来たことに枚挙がありません。なるほどと納得しました。

我が家の「守り神」として毎日、幹に手を添えて感謝しています。

 

 

史跡巡りの桜見

平成、最期の桜見に満足しています

福岡城のさくらまつりは毎年、大勢の人で賑わい

日頃は静かな佇まいの城も、浮き浮き楽しく盛り上がり

満開のしだれサクラがみごとです。私は花より団子ではなくて

花よりビールなので一目散に、出店で缶ビールを400円で買い

ポテトフライと石釜ピザで妻と乾杯〜〜〜〜〜  幸せの瞬間

黒田官兵衛も同じ桜を見ていただろうと想像しながら、もう一本の

缶ビールで頭の中は江戸時代をさ迷い、なかなか風情がありました。

皆さんもそうでしょうけど、この時期になるとそわそわして落ち着きません。

桜が呼んでいると思うと矢も盾もなく、福岡城に行きます。

過去に、手ぶらの花見は記憶になく、自分用の刺身や焼き鳥、重箱、オニギリ、日本酒の

チョコも持参して、多い時は30名位で、ブルーシートを敷き、妻と着物姿で日舞を踊り

ます。外国の方も珍しいのか輪になって見ているので、炭坑節など簡単な踊りは

一緒に誘って喜んで踊りますよ。日本人は消極的です

酔いがまわるにつれレイを首にかけ、頭に被りもんの支離滅裂な即興踊りで、さらに

盛り上がりの乱痴気騒ぎが楽しいもんです。

事前の用意と持ち込みなど、けっこう大変ですが、終了後の撤収は酔っ払っているので

正直言って嫌でしたね。会費は無しで参加者には、自分のアルコールとつまみは必ず                   持参するようにと繰り返し伝えているのに、若い人、学生などは手ぶらで10人くらいが、      どうもなどと言って、私達の目の前に座るので、仕方がないので自分用の美味しい料理や       酒、ビールを勧めざるをえず、空き腹で飲むので酔いが回ってきます。困ったもんです。

そんなこんなで今は、夫婦花見が一番です。

福岡は蒙古襲来の史跡があります。博多湾の海岸沿いに、防塁の跡が残っています。

自宅近くに、上陸した蒙古兵の指揮所になった小高い祖原公園があります

桜がきれいですので、此処でもいにしえをしのびながらと、理屈を付けて2回以上の

花見をします  酔っ払っても歩いて3分の自宅ですので、ついつい飲みすぎるのが

玉にきずです。 福岡は良いところです

 

 

 

 

すり鉢すりこ木と自然薯王国🌱

すりゴマやかつお節など、小分け分包して手軽に使用でき便利になりましたね。

台所にすり鉢すりこ木がない家庭が普通になりましたが、おわん状のすり鉢とそれに見合った可愛いすりこぎ木を、愛用してる方がいられるくらい位です。昔は大きなすり鉢を

デンとちゃぶ台に乗せ、煎ったゴマを擦って、ほうれん草など白あえの、香ばしいゴマ風味が美味しく鼻をくすぐりました。アジの身を包丁で細かくたたきすり鉢で擦って、つみれ汁なども深みのある味でいいものです

極め付きは、自然薯をとろろに擦るときです。ねばりが半端じゃないので、力もいるしすり鉢が動くので、お母さんから子供に、檄が飛びます。「すり鉢の縁を押さえていなさい」と

お母さんの荒い息づかいと濃いめのみそ汁を徐々に入れて、美味しくて身体に良い(とろろ汁)が出来上がり

なぜか家族が増えると、だし汁も増えて量が増した分、薄いとろろ汁になるのは、貴重品で入手しにくい自然薯なのでいたし方がないなどなつかしい思い出です

家族の団らんの中心に、すり鉢と絆がありました

すりこ木は、山椒の木が良く、朴の木もあります。手ごろで大きな山椒のすりこ木は、なかなか手に入りませんので、地方の道の駅などで見つけると、喜んで買います。貴重なくらい大きなすりこ木を一本使っていたけど、だんだんすり減って短くなり、もったいないので今は飾りにしています

すり鉢も普段は既製品を使っていますが、窯元に特別に焼いてもらったお気に入りの世界で一つのを3点持っています。結構、こだわる性格なのか、それとも自己満足だったりして

いずれにしても自然薯とろろ汁製造で、一年中使っているので愛着のあるすり鉢すりこ木さんに感謝あるのみです

ありがとう

 

郵便局のふるさと小包と、自然薯皮つきかりんとうの自然薯王国

かりんとうは子どもの頃から身近なオヤツで、

76歳になっても大好きです

甘いものに飢えてた世代なんです。

子どもの頃は砂糖が貴重品でした。

ズルチンやサッカリンなど錠剤を一錠、湯のみに水で溶かしてその甘味に、子供心に喜んでいました。

今は使用が制限されるか禁止されています。

柿など果物の甘さに有頂天になっても、

なかなか口に入るものでなく、

兄が風邪で発熱し寝ている枕元にバナナ一本があり、

うらやましくて自分も風邪ひきたいと真剣に思ったものです。

おやつなんてないので、たわわになった庭の夏ミカンに登り、

厚い皮を必死に剥いて、何個も食べて酸っぱさに歯がギシギシと鳴り、手は黄色くなり、

翌日、顔まで黄色くなって黄疸かと言われたりしてました。

かんきつ類特有の香りは、今でも郷愁をさそいます。

JR鹿児島本線竹下駅から2分くらいの、農家に間借りしていた小学生の頃ですが、様変わりして往時の面影のかけらもないのが残念です。那珂第二小学校でしたね

自然薯でかりんとうを作りたいと思い立ったのは、自然薯とろろをすり鉢すりこぎで擦り、ふゎふゎになったのにカツオ、昆布の一番出しで味付けをして、一食に分包し急速冷凍して、食べたい時に解凍するだけで、すぐ食べられる商品「自然薯とろろ汁」を製造の過程で、皮や小片が出るので、貴重品の自然薯の有効利用として開発しました

福岡県知事から、この件で「経営革新計画承認」されました。

「健康おやつ」を幼稚園児の孫に食べさせたいとの思いがいつも意識にあります。

皮や小片など自然薯を12%使用して米油であげるので、油っぽさが少なく、サクサクとした軽い食感で歯にやさしいです。

(しょうゆ味、梅味、黒糖味、柚子こしょう味、各50g  2640円。)

ちなみに今回は2019年春夏全国版で、2019年4月1日〜9月30日ですが、以前に福岡市内の郵便局で販売して、とても喜ばれました

花田伸二のヨンキュープラス ありがとうございます

4/25(水)25:55~

花田伸二のヨンキュープラスに

自然薯王国の崎田社長、出演しました!

いつもは、妻:光子さんがいますが、

今回は、催事でいなかったので、ドキドキしながら収録に・・・。

しかし・・・。うまく編集して頂いて、

ホッとしてます。

自然薯とろろについて

熱く、面白く語ってきました(*‘ω‘ *)/

見逃した皆様、動画で是非ご覧ください🎶

ヨンキュープラスの出演者、スタッフの皆様、

先日はお世話になりました。

ありがとうございます!

福岡三越  出店のお知らせ

4/24(火)~4/30日(月)地下2階食品催事

福岡三越『全国味の競演」に

自然薯王国出店致します。

寒暖差が激しいこの頃…

解凍するだけですぐに食べられる自然薯とろろ♫

ちょっと寒いときは、あったかいお蕎麦の上に。

少し暑くて食欲が出ないときには、

ご飯の上に自然薯とろろをオススメします。

4/24日から皆様のご来店、

心よりお待ちしております。

 

 

 

収録

 

 

TNC 毎週水曜日

深夜1時55分~『花田伸二のヨンキュープラス』の

収録へ行って参りました!

お酒を飲みながら気楽に、

自然薯王国の設立秘話や、

自然薯とろろについて熱く語ってきました。

日本酒大好きな私ですが、車で来ていたので、

藤姫の香りだけで我慢((+_+))

タレントの方や、

ディレクターの気配りと優しさが際立っていました。

TNCの皆様、お世話になりました。

放映を楽しみにしております。

放送日はまた後日お知らせ致します。